ロゴ
HOME>オススメ情報>契約前に知っておきたい逓増定期保険!節税にも役立つ情報満載

契約前に知っておきたい逓増定期保険!節税にも役立つ情報満載

男性

逓増定期保険の仕組み

法人向けの生命保険に、逓増定期保険というものがあります。逓増(ていぞう)とは次第に増えるという意味で、死亡時の保険金が段階的に増額していくのがこの保険の特徴です。逓増定期保険で支払う必要がある保険料は、保険期間を通じて変わることがありません。もしもの際に保障される金額だけが、期間の経過に応じて最大で5倍まで増えていく仕組みです。逓増定期保険は保険期間が定められた掛け捨てタイプの保険なので、期間が満了すると保険金はゼロとなり満期保険金はありません。ただし、保険期間の途中で解約する場合には、解約払戻金を受け取ることができます。この特徴を利用することで万が一の事態に備えるだけでなく、退職金などの財源として活用することも可能です。また、保険料の一部は法人税の計算で損金として取り扱うことができるため、逓増定期保険は節税対策としても有効です。

電卓

逓増定期保険の活用で気をつけるポイント

万が一の際の備えとなることはもちろん、退職金の財源や法人税の節税対策としても利用できるのが逓増定期保険です。ただし、活用には気をつけたいポイントがあります。逓増定期保険には、一般的な保険と比較すると早い段階から解約払戻金の率が高くなる特徴があります。そして、ピークに達した後に払戻率は徐々に下がっていき、保険期間満了時にはゼロとなります。つまり、逓増定期保険を退職金などの財源として活用したい場合には、解約のタイミングを見誤らないことが大切です。また、法人税の計算で損金として取り扱うことができる割合は、保険期間満了時の年齢などの区分によって異なります。その他経理処理には細かな取り決めがあるため、十分に注意する必要があります。